麺店開業支援ネット

本場讃岐のうどん学校

 

伝承の讃岐製法を基礎から学べるうどん学校!日本で唯一の公的うどん学校で基礎から正しく学び、失敗しないうどん店経営を目指すプロ養成学校です。

全国10会場で毎月開催の讃岐うどん2日間講習から本場讃岐の5日間研修と開業を目指される方専門のうどん学校としてすでに45,000名以上の受講実績があります。

数年前より海外からの受講も多く、海外出店を検討されている方への開業支援も可能です。

 

 

「麺の聖地」である本場讃岐の香川県ではうどん5日間研修会を毎月開催しております。

5日間の研修では讃岐うどんとは・・・から始まり、水、粉、塩、醤油、鰹節など材料の基本知識から学ぶ事ができ、手打ちを忠実に再現した製麺機を使用して製麺実習、ダシ、返し作り、天ぷらの揚げ方、うどん店基本メニュー、季節限定メニューなど開業に必要な様々な知識と技術を学ぶ事が可能です。

 

 

研修を受講される方の大半は未経験者で女性の方も多く受講されており、5日間の研修のみで開業され成功をされている店舗様も数多くあります。

5日間のみの研修では不安という方に対して、5日間研修を受講された方に限り、翌月及び翌々月の2ヶ月間の研修は無料で受講でき、またその間の毎週火曜日・水曜日はトレーニング日として開業へ向けて勉強出来る時間を設けていますので、ご希望の方は自由にトレーニングが可能です。

 

 

5日間で開業のノウハウをマスターし、開業に向けてのアドバイスやアフターフォローも万全のうどん5日間研修会を是非一度ご検討下さい。

「麺の聖地」香川県の5日間研修を受講される前にお近くの会場で2日間のうどん講習会を受講して頂く事も可能です。また、講習や研修受講前に2時間無料の開業相談も全国10会場にて行っておりますのでまずは開業相談から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

ご希望されます方はこちらから詳細内容をご確認の上お問い合わせ下さい。

 

讃岐のうどん研修会に関してのQ&Aは以下の内容を参照ください。

 

 

Question1:うどん研修会中の宿泊先や移動手段はどうすれば良いですか?

 

お客様が直接ホテルをご予約頂く場合には、送迎は致しかねますが、弊社が指定させて頂くホテルにご宿泊いただきます場合には、研修会場までの送迎をさせて頂いております。ホテルへ前日入りされます場合のホテルまでの移動に関しましては指定のホテルへ宿泊された場合でもご自身にて移動、チェックイン頂く必要がございます。うどん研修会詳細につきましてはこちらからご確認ください。

 

 

Question2:全くの未経験ですが5日間学んで開業する事は出来ますか?

 

本部会場で開催しているうどん研修会や全国10会場で開催しているうどん講習会の参加者の方々はほとんど未経験者の方です。今までに経験がある方よりも全くの未経験、素人の方の方が研修内容を飲み込みやすく、うまく理解頂く事が出来ます。実際に5日間のみの研修を受講され、開業して成功をされている方々も多くいますが皆さんがそうではありません。

その為に本部のうどん5日間研修を受講された方はその後に開催される2ヶ月間の研修会は無料参加頂く事が可能です。その間に毎週火曜日・水曜日はトレーニング日として本部香川県の会場でうどんの製麺やダシの取り方などを勉強して頂く事が可能です。初回を含め、3ヵ月間の間で自信をつけて頂き、開業を行って頂くと成功確率も格段に高くなります。うどん研修会詳細につきましてはこちらからご確認ください。

 

 

Question3:研修会の参加費用はいくらですか?また経営相談などはおこなってもらえますか?

 

うどん研修会の費用は1日12,000円の5日間で6万円となります。たった1日12,000円で繁盛店を経営出来るノウハウを学べるというのは非常に低価格で逆に内容を疑われる事がありますが、この安さを実現出来るのは小麦粉、醤油、鰹節等材料メーカー様のご協力があってこそ可能な低価格設定ですので、研修の内容的には5日間で数十万円の価値は十分あるとお答え出来ます。

また、経営相談に関しましても無料で行っておりますので、まずは全国10会場で開催しております2時間無料経営相談をお受け頂き、うどん研修会にご参加されるかどうかの判断をされても良いかと思います。香川県本部会場では皆様が納得されるうどんの試食や試作設備も完備しています。試食や試作、経営相談をご希望の方は前もってご予約頂く必要がありますが、皆様納得されて研修会をお申込みされますので、是非一度ご検討下さい。

 

その他ご質問等がございましたらこちらからお問い合わせ下さい。

 




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。