麺店開業支援ネット

蕎麦関係Q&A

蕎麦にはルチンが含まれており、最近では生活習慣病の予防に役立つので注目されている麺類の一つです。一般的に切れやすいと言われる十割蕎麦も品質が良く歯切れの良い十割手打ち蕎麦を作ることも最近の技術とノウハウの進化によって実現しています。関東圏では需要の高い手打ち蕎麦も全国へと広がりを見せています。

 

蕎麦の製麺もうどんと同じように手打ちから始まり、今では手打ち式製麺機を活用して店舗展開を行っている企業様も数多くあります。手打ちで熟せる仕事量は限られており、店舗展開となると非常に難しくなります。製麺機を活用する事により、安定した品質で、尚且つ小型製麺機でも時間あたり200食以上の製麺能力がありますので今では店舗開業の必須アイテムとなってきています。

 

 

 

Question1:そば打ちの経験はありませんがそば店を開業する事は出来ますか?

初めから蕎麦を打てる人はいませんし、蕎麦店に修行へ入っても1人前と認められるには何年もかかります。しかし、手打ち製麺機を使用すれば数日で蕎麦職人に勝る品質の高い蕎麦を作る事が出来ます。また、蕎麦粉の原価は高いですが販売価格も高い為、経営方法によっては高収益となります。もちろん、ダシの原価も高いのでロスが出ないように調整するのが一番難しいかもしれません。

 

蕎麦の製麺とつけダシ、かけダシの作り方などは「麺店開業支援ネット」にて学ぶ事は可能ですので詳しい情報を知りたい方、そば店開業に関して更に情報を得たい方はこちらからご確認ください。

 

 

 

Question2:十割蕎麦を作りたいのですが難しいですか?

十割蕎麦を作るには技術とノウハウが必要になります。蕎麦粉だけで十割蕎麦を作る事も最新のノウハウがあれば品質の高い十割蕎麦を作る事は出来ますが、通常十割蕎麦は風味は確かに良いですが、麺が切れやすくボソボソした食感なので品質的には低いのが現状です。

 

「麺店開業支援ネット」では十割蕎麦粉で風味高く切れにくい、そして食感の良い最高品質の十割蕎麦を作ることが可能です。普通に十割蕎麦を作るのは確かに難しいのが現状です。

 

詳しい情報を知りたい方、そば店開業に関して更に情報を得たい方はこちらからご確認ください。

 

 

 

Question3:そばはどのような機械で作るのですか?

蕎麦を手打ち以外で作るには3つの方法があり、一つは押し出し式の機械でこちらはスーパーで販売されている挽肉のような方法で作る為、通常は断面は丸く切れやすい蕎麦になる為、品質は高く無いです。次に昔からあるロールとロールで麺生地を挟み、薄い板状の生地を作り、その生地を薄く延して切刃で切り出す方法、最後に手打ち式製麺機で手打ち職人に勝る蕎麦を作る方法の3つがあります。

 

押し出し式に関しては「麺店開業支援ネット」で取扱をしていない為学ぶ事が出来ませんが、ロール式、手打ち式での蕎麦製麺に関しては最新のノウハウを学んで頂く事が可能です。五割、六割蕎麦などの多くはロール式製麺機で作られており、七割以上となれば手打ち式製麺機で製麺されているのが現状です。

 

詳しい情報を知りたい方、そば店開業に関して更に情報を得たい方はこちらからご確認ください。

 

 

 

Question4:うどんと蕎麦を店舗で出す場合に蕎麦アレルギーが怖いですがどのように対処すれば良いですか?

蕎麦アレルギーをお持ちの方が蕎麦を製麺した製麺機でうどんを作り、茹でて食べてしまうとやはりアレルギー反応が出てしまいます。蕎麦とうどんを同じ店舗で出す場合には、製麺機も別にして、茹で釜も別にした方が良いです。蕎麦アレルギーは命にかかわりますので慎重に対応が必要です。

 

また蕎麦を茹でると茹で湯がドロドロになりますので、うどんと一緒に茹でる事は出来ません。うどんは塩を多く含み、茹で汁はうどんを茹でれば茹でる程塩分濃度が高くなりますのでどちらにしても一緒に茹でる事は出来ません。

 

詳しい情報を知りたい方、そば店開業に関して更に情報を得たい方はこちらからご確認ください。

 

 

 

その他ご質問等がございましたらこちらからお問い合わせ下さい。あなたの疑問や心配事、すべて解決致します!

 





コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。